株とは?|株(現物取引)初心者の方へ|SBIネオトレード証券

株とは?

株(現物取引)初心者の方へ

株ってどういうもの?

株とは、株式会社が資金を調達するために発行する株券のことを指します。株券を購入し株主となることで、企業の経営に参画することができる為、企業のオーナーの一人になることができます。また、株主には企業の収益に応じて配当金が分配されたり、株主優待と呼ばれる特典を得ることができます。

株式投資の概念図

株はどこで買える?

一般的な意味で使われる株は、証券会社を通じて売買することができます。株は大きく分けて、金融商品取引所(東京証券取引所等)で取引ができる「上場株式」と、金融商品取引所で取引ができない「未公開株式」とがあり、ネット証券等で取引できる株は「上場株式」になります。
「上場株式」は、金融商品取引所が定めた一定の基準(企業の規模等)を満たし、所定の手続きを経て証券会社を通じて自由に売買できるようになった株式のことを指し、「未公開株式」は、金融商品取引所で取引ができず、個人・企業の相対取引のみが可能な株式のことを指します。

株の注文経路

一部上場ってどういう意味?

「上場株式」は、上場している取引所や、取引所の中で区分される市場によって、会社の規模や株式の流通量が異なります。「一部上場」は「東京証券取引所」の中の「市場第1部」に上場することを意味します。「東京証券取引所」では「市場第1部」「市場第2部」、更に新興企業を対象とする「マザーズ」「JASDAQ」に区分されます。新興市場向けの市場に比べて「市場第1部」「市場第2部」では、時価総額や株主数、利益の額などの上場に必要な基準が高く設定されており、特に「市場第1部」に上場できる企業は基準が他の市場に比べて格段に高く上場できる企業が限られるため、企業のステップアップの一つの指標として、「一部上場」として大々的に宣伝されることがあります。
なお、東京証券取引所以外にも名古屋証券取引所、福岡証券取引所、札幌証券取引所にも株式の上場市場がありますが、証券会社によって、売買ができる取引所が異なります(大阪取引所の株式市場は、2013年1月に東京証券取引所に統合されております)。

東京証券取引所の構成図

ポイント

  • 株主は企業のオーナーになるということである
  • 株主になると、配当金や株主優待を受取ることができる
  • 株は証券会社で購入できる
  • 証券会社で購入できる株は「上場株式」である
  • 上場企業は、証券取引所や市場によって異なる

国内現物株式等のお取引に関するリスク及び手数料等について

株式投資等は株価等の変動により、投資元本を割り込むおそれがあります。

現物株式の取引手数料は各商品・各コースにより異なりますが、1注文ごとの手数料体系で50円から最大880円、1日約定代金合計額で変わる手数料体系では、100万円以下で無料、100万円超~150万円以下で880円、150万円超~200万円以下で1,100円、200万円超~300万円以下で1,540円、以降100万円単位超過ごとに295円ずつ加算され、上限はございません(いずれも税込表示)。

ただし、強制決済の場合には約定代金×1.32%の手数料(最低手数料2,200円)が適用されます(いずれも税込表示)。

実際のお取引に際しては、契約締結前交付書面および当社ホームページ等をよくお読みになり、お取引の仕組み、ルール等を十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任において行っていただきますようお願いいたします。

ページトップへ