IPO(新規公開株)|SBIネオトレード証券

SBIネオトレード証券(旧ライブスター証券)はオリコン顧客満足度ランキング手数料部門で7年連続第1位!!

IPO(新規公開株)

SBIネオトレード証券ではじめるIPO!前受金不要、取扱銘柄数拡大中

※購入資金は当選決定・補欠当選決定時までは不要!

取扱中銘柄

現在お申込みいただける銘柄はございません。

取扱実績

SBIネオトレード証券でのIPO(新規公開株)取扱い実績です。

上場日 銘柄名 銘柄コード 上場市場
2021/03/25 ベビーカレンダー 7363 東証マザーズ
2021/03/24 Sharing Innovations 4178 東証マザーズ
2021/02/25 アピリッツ 4174 東証JASDAQ
2020/12/25 ファンペップ 4881 東証マザーズ
2020/12/23 交換できるくん 7695 東証マザーズ
2020/12/22 ウェルスナビ 7342 東証マザーズ
2020/12/22 Kaizen Platform 4170 東証マザーズ
2020/09/28 rakumo 4060 東証マザーズ
2020/09/25 STIフードホールディングス 2932 東証2部
2020/03/30 Nex Tone 7094 東証マザーズ
2019/12/26 スポーツフィールド 7080 東証マザーズ
2019/12/11 マクアケ 4479 東証マザーズ
2019/10/24 インティメート・マージャー 7072 東証マザーズ
2019/10/2 レオクラン 7681 東証2部
2019/3/12 ダイコー通産 7673 東証2部
2018/12/18 テクノスデータサイエンス・エンジニアリング 7046 東証マザーズ
2018/6/21 ZUU 4387 東証マザーズ
2018/3/30 日本リビング保証 7320 東証マザーズ
2018/3/27 RPAホールディングス 6572 東証マザーズ
2017/12/13 SGホールディングス 9143 東証第1部
2017/12/12 一家ダイニングプロジェクト 9266 東証マザーズ
2017/09/29 西本WismettacHD 9260 東証第1部
2017/09/26 壽屋 7809 東証JASDAQ
2017/07/20 JSB 3480 東証第2部
2017/06/30 Game With 6552 東証マザーズ
2017/03/30 スシローグローバルホールディングス 3563 東証第1部

初値・初値騰落率等のデータはこちら(2021年)

申込みには証券口座開設が必要です

IPOにお申込みいただくには、事前に証券口座の開設が必要です(既に証券口座をお持ちの方は改めて口座開設いただく必要はございません)。
当社では、証券口座開設費用および管理料等は一切かかりません。
Webからのお申込みになるので、印鑑も不要です。お気軽にお申込みください。


口座開設はこちら


SBIネオトレード証券のIPO(新規公開株)の魅力とメリット

IPOは、証券会社によって抽選方法や、抽選から購入までの手順が異なります。当社のIPO取扱いルールについての主な特徴は以下をご参照ください。

取引実績に応じて当選率UP 前受金不要 購入手数料無料

取引実績や保有資産によって当選確率が変わるステージ制抽選と、申込者全員を平等に抽選する完全平等抽選の混合抽選方式です

申し込む時に購入代金が無くても抽選に参加できます。その為、当選してから購入代金を入金するので手間がかかりません。
※事前に口座開設は必要です。

抽選に当たれば公開価格で株を購入できるので買付け時の手数料がかかりません。さらに当社ではNISA口座で購入可能なので利益を非課税にすることも可能です。

当社におけるIPO(新規公開株)の抽選および配分方法に関する基本方針は以下PDFをご参照ください。
※2021年6月申込分のIPOから抽選ルールが変更になります。詳細はこちら


IPOを始める3つのメリット

① 勝率が高い
2020年は勝率が約74.2%!

当社取扱い実績に基づく結果ではなく、2020年に東証に上場したIPO全銘柄を対象としたデータです。

初値が公開価格を上回った場合を、勝ちとして算出しております(93銘柄:69勝23敗1分)。

上記勝率は過去の実績です。将来の運用成績を保証するものではありません。

2020年12月30日時点(当社調べ)

② 1日で大きなリターンが期待できる
2020年の最高利益は「ヘッドウォータース(4011)」
100株当選した場合、261万6,000円の利益 ((初値:28,560円ー公開価格:2,400円)×100株)の利益

上記銘柄は当社取扱い銘柄ではございません。

上記利益は過去の実績です。将来の運用成績を保証するものではありません。

上記利益額は手数料・税金は含んでおりません。

初値が公開価格を下回り、損失となる場合もございます。

③ 購入時のコストがかからない
IPOは購入時の手数料が無料です。
また、抽選申込の時点では購入資金が拘束されることが無いため、通常の株式売買へ影響がおよぶこともありません。
さらに、ネオトレードなら売却時の取引手数料も業界最安値水準なので、投資にかかるコスト負担が少ないのも大きなポイントです。

証券会社によっては、申し込み後に資金拘束をされる場合もございます。

IPOをSNSでお知らせ

IPOお取扱い開始情報をSNSでお知らせいたします。
IPOの取扱いが開始されても、ホームページを毎日チェックするのは面倒!
そんな方には、SNS(Twitter・LINE@)での通知サービスを行っておりますので、
是非ご登録ください。

ご登録方法はこちら

IPOデータ

上場年毎の公募条件や、初値に対する騰落率等のデータを参照されたい場合は、以下リンク先をご参照ください。



国内株式等のお取引に関するリスク及び手数料等について

株式投資等は株価等の変動により、投資元本を割り込むおそれがあります。また、信用取引は委託保証金の約3倍までのお取引ができるため、株価等の変動により委託保証金の額を上回る損失が生じるおそれがあります。

証券オンライントレードの取引手数料は各商品・各コースにより異なりますが、1注文ごとの手数料体系では、最低80円(税抜)から最大800円(税抜)までとなります。ただし、強制決済の場合には約定代金×1.20%の手数料(税抜:最低手数料2,000円)が適用されます。

また、信用取引においては、手数料のほかに金利、貸株料、品貸料(逆日歩)、信用取引管理料(事務管理費)等の諸費用が必要です。信用取引の委託保証金は売買代金の30%以上かつ30万円以上の額が必要です。

実際のお取引に際しては、契約締結前交付書面および当社ホームページ等をよくお読みになり、お取引の仕組み、ルール等を十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任において行っていただきますようお願いいたします。

ページトップへ